レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

WiiUで零シリーズ最新作!「零 ~濡鴉ノ巫女~」のゲームシステムなどについてご紹介。

zerozero

零シリーズ最新作「零 ~濡鴉ノ巫女~」がWiiUにて発売されますが、
2つ目の予告映像「幽婚・夕陽篇」が公開されました。

予告映像2は普通に映画の予告映像みたいな感じで引き込まれますね!

それにしても、天野月子さんっていつの間に「天野月」になったんだ!?

公式サイト

零 ~濡鴉ノ巫女~ 予告映像2

予告映像2では「幽婚」と呼ばれる儀式があることが語られていますね。

幽婚とはその名の通り、幽霊と結婚するというものみたいで、
人によっては嬉しく感じるのでは(笑)

ただ別れるときは相当リスクがありそうで、
まあ・・・すんごく呪われそうです(;^ω^)

舞台の日上山はかつて霊場として崇められていて、
今でも特異な儀式や風習が残っているそうです。

主人公は3人いるみたいですが、
予告映像を見る限り全員「幽婚の儀式」に関係していそうですね。

零 ~濡鴉ノ巫女~ ゲームシステム

今作はWiiUに発売されるということで、
ゲームパッドを利用した楽しみ方ができます。

なのでバトルなどは結構臨場感あるかもしれませんよ?

逆に面倒になるかもしれませんが(笑)

バトルについて

syaeiki

勿論、零 ~濡鴉ノ巫女~でも射影機が武器として登場します。

ただ今までと違うのが、ゲームパッドを射影機に見立てているということ。

ゲームパッドの画面を射影機覗いた状態と見立てて、
戦闘や探索をするという形ですね。

特殊な技能としてはシリーズお馴染みの「シャッターチャンス」や
「フェイタルフレーム」が。

syatta-

シャッターチャンスは怨霊にダメージを与えて「霊片」を集めることで、
フェイタルフレームは怨霊に襲われる瞬間シャッターを切ることで使え、
どちらも戦闘が楽になる能力です。

練習して使えるようにしましょう!

てか、画像が怖っ!!

feitaru

濡れメーター

最近、コーエーテクモさんが気に入っている「濡れる」という状態。

DOAではただエロっちくなるだけでしたが、
零 ~濡鴉ノ巫女~ではしっかり意味があるようです。

nure

今作は「水」が物語に関係しており、
雨に打たれて濡れるだけではなく、怨霊に攻撃されても濡れます。

で、濡れると「濡れメーター」が上昇し攻撃力も上昇します。

じゃあずっと濡れていればいいじゃんと思うかもしれませんが、
その代わり怨霊に出会いやすくなったり受けるダメージが増大したりするそうなので、
もしリスクを負いたくなければ「清めの火」を使って乾かしましょう。

kiyome

逆にガンガン戦いたい人は濡れ濡れな状態がいいんじゃないでしょうか!?

夜泉濡(よみぬれ)

夜泉濡(よみぬれ)も「濡」という漢字の通り濡れるのですが、
こちらは逆にデメリットしか無い状態。

yomi

怨霊の特殊攻撃、また夜泉濡と呼ばれる黒く変化した状態の怨霊に攻撃されると夜泉濡状態となり、
防御力低下、視界不良などの状態異常が引き起こされます。

夜泉濡は濡れ状態同様に「清めの火」で元に戻せますし、
戦闘が終了すると回復するそうです。

看取り

今まで怨霊を倒すとブツブツつぶやいて成仏してきましたが、
今作はその怨霊の追体験ができるそうです。

mnitori

怨霊にダメージを与えて「断末魔をあげている時」といった特殊な行動中に怨霊に触れると、
どうやってその怨霊が怨霊となったのか知ることができるみたいですね。

結構えげつないシーンもあるみたいですから、
グロいの苦手な人は見ないほうがいいのかな??

mitorin

あとがきっくす

今作は・・・というより、まあシリーズ通してなのかもしれませんが、
ただ視覚からの恐怖だけではなく、人間の怖さなどもつめ込まれています。

なので不快感も結構あったりするんですよね(笑)

おー怖い!という気持ちの他にも「いたたまれないな・・・」という気持ちなども、
零シリーズは体験できます。

とりあえずWiiU独自の遊び方だけではなく、
今まで以上にパワーアップした物語も体験してくださいと製作陣は言っていますので、
時間を忘れて楽しんでみるのもいいかもです。

ただ・・・怨霊に引き込まれないようにしてくださいね・・・

 

SPONSORED LINK