レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

筆おろしで丸裸!?憂世ノ志士・憂世ノ浪士のシステムに関する新たな情報が公開。

スパチュンの新作アクションゲーム、
憂世ノ志士(PS3)・憂世ノ浪士(PSVita)が来年発売されますが。

侍道とはまた違った楽しさがありそうですよ?

アクション性は元より、カスタマイズ、
そしてイヤラシイ要素もパワーアップしているみたいです。

そんな憂世ノ志士と憂世ノ浪士の情報が公開となりました。

公式サイト

憂世ノ志士・憂世ノ浪士の戦闘システムについて

敵を打ち上げて空中コンボを!

ukiyokuutyu

今作は侍道みたいにただ斬りつけるだけではないみたいですね。

例えば「打ち上げ」という要素があるのですが、
これはギルティギアで言うダストアタックみたいな感じで。

敵を空中に打ち上げた後にコンボを決めることができるそうです。

この打ち上げ後の攻撃は武器によって代わり、
槍だったら地上から追撃するというように様々あるようですよ?

タイミングよくR1ボタンで「魅切り」を行え!

ukiyomikiri

またR1ボタンで防御、RIボタンと□ボタン同時押しで投げができるのですが、
敵の攻撃に合わせてタイミングよくR1ボタンを押すと

「魅切り」

という技が使えます。

名前の響きからわかると思いますが、
これが成功すると敵は無防備状態になるので反撃し放題になります。

敵の動きに慣れてきたらドンドン魅切りを決めていきましょう!

2種類の必殺剣を使い分けろ!

今作では「必殺剣」というものがあるそうで、
ゲージが貯まったあとに使用することができます。

ukiyokirikiri

一つ目は「斬り斬り舞」というロロノア・ゾロが好きそうな技名で、
複数の敵を次々と斬りつけていく技となっています。

「感嘆ゲージ」と呼ばれるモノが貯まると使用することが可能で、
狙いを定めた敵をバンバン斬りつけていきます。

ukiyohiken

もう一つは敵単体に大ダメージを与える「秘剣」という必殺剣。

こちらは「秘技ゲージ」を貯めることで使用可能となります。

武器ごとに秘剣は存在しており、
習得ポイントを使用して覚えていくことができるのですが。

上記の「魅切り」を使っていれば覚えることがあるそうです。

やっぱり魅切りを上手く扱っていきましょうぜ!

主人公のカスタマイズも自由自在

ukiyogaikenn

侍道の血を継承しているであろう憂世ノ志士・憂世ノ浪士は、
やはり外見のカスタマイズも充実しているようで。

今までのように好き勝手見た目を変えることができるとのこと。

服や履物、下着、髪型や肌の色などなど、
呉服屋に行けば変えられるようです。

ゲームを進めることで購入できる品が増えますので、
お気に入りのアイテムが手に入るまで進めてみては!?

因みに服などは能力値に関係ないのですが、
能力値が上昇する「装飾品」というモノもありようですので、
ドンドンパワーアップさせていきましょう。

毎度おなじみイヤラシ要素「筆おろし」について

ukiyohude

侍道にはちょっとしたイヤラシ要素があるのですが、
憂世ノ志士・憂世ノ浪士もやっぱり継承したようです(笑)

今作は条件をみたすことで着物だけを切って丸裸にしてしまう

「筆おろし」

というシステムが有り、
それが成功すると「春画」が手に入るそうです。

ukkiyosyunn

春画を知らないという人はお父さんに聞こう!
(聞いて怒られても知らないけどね)

あとがきっくす

侍道みたいに刀を振り回すようなゲームではなく、
しっかりとコンボなどができるようになりそうですね。

まあこれ系ゲームの楽しみ方は戦闘云々より、
自分の好きな行動ができるという点でしょう。

罪のない人を蹴っても良し、
シナリオを進めずに自由奔放になっても良し。

それもしっかり継承されていれば、
とりあえずは楽しめるのかなと思います(笑)

 

SPONSORED LINK