レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

ニンテンドースイッチ用大容量バッテリー「SwitchCharge」のクラウドファンディングが実施中!10時間以上プレイできるけれども・・・?

なんだかんだで売り切れ続出なニンテンドースイッチですけれども。

持っている人の中には、携帯モードを利用して外で遊んだりしている・・・のかな?(笑)

もし長い時間「外でプレイしたい!」っていう人がいるならば、もしかしたらこんなアイテムが発売されるかもしれませんぜ(゚∀゚)

ニンテンドースイッチ公式サイト

ゼルダでも10時間以上プレイ可能なニンテンドースイッチ用バッテリー「SwitchCharge」のクラウドファンディングが開始

ニンテンドースイッチが発売されたときに色々検証されていたのが、バッテリーの話。

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」を携帯モードでプレイした場合、2時間半程度バッテリーがもつ話が出ていましたな。

どれくらいの人が、テーブルモードや携帯モードを利用しているのか分かりませんが、中にはバッテリー駆動時間が短い!っていう人もいるのかなと。

ですが、ニンテンドースイッチって自分でバッテリー交換ができない仕組みになっていますし。

仮に大容量バッテリーが発売されるとなっても、ニンテンドースイッチ本体に収まらないサイズになる可能性もあります(;^ω^)

じゃあ、もっと長くプレイしたいってばった場合どうするのか・・・外に大容量バッテリーをくっつければいいんです(笑)


SPONSORED LINK


てことで、イギリスに拠点を構えるInDemand Designという会社が、クラウドファンディングサービスIndiegogoを利用して、

SwitchCharge

と呼ばれる、ニンテンドースイッチ用大容量バッテリーの開発に向けて、資金調達を行っています(・∀・)

「SwitchCharge」は、ニンテンドースイッチのバッテリー自体を交換するのではなく、ニンテンドースイッチの背部に取り付ける装着型。

12000mAhという大容量バッテリーですので、2時間半しか遊べないと言われていた「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」を、10時間以上プレイすることが可能になります。

バッテリー自体にスタンドが装着しているほか、ゲームソフトを2本保管するスロットも実装しているみたいですね!

あと、発熱もそこまで気にならないみたいです(゚∀゚)

欠点としては、画像をみて分かる通り厚みが増えるので、そのままドックに接続できないということ。

また、バッテリー自体の重さが380グラムあるため、ニンテンドースイッチと合わせると780グラムくらいになるということ(;^ω^)

そう考えると、携帯モードで遊ぶというよりはテーブルモード時に適しているのかもしれませんね!

「SwitchCharge」の販売価格としては、130ドル・・・日本円で14,500円くらいを予定しているとのこと。

配達対象も世界となっているため、日本でも購入することができるのかなと。

気になる人は、ご検討を(・∀・)

Indiegogo「SwitchCharge」

あとがきっくす

取り付けが簡単だったら便利かもしれませんね。

ドックから外して、スッとSwitchChargeを取り付けて外に持ち運ぶみたいな。

ただ、携帯モードでプレイするにはかなり重く感じるだろうね・・・筋トレに便利かも(笑)

SPONSORED LINK