レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

PS VRの価格はOculus Riftなどに比べて比較的安価に!?吉田修平さんのインタビューが気になる。

psvr

やっぱりお互いライバル意識しているんでしょうな(;^ω^)

ウェアラブルEXPO2016にて、吉田修平さんが「PS VR」についてチラッと語ったそうです。

詳細はまだ発表されていませんが・・・VRヘッドセットの購入を考えている人は参考にしてみては!?

PS VRの価格はOculus Riftなどに比べて比較的安価

吉田修平さんはPS VRのメリットとして「比較的安価」ということと、「規格が統一」されているという2つを挙げたそうです。

まず一つ目の比較的安価というのは、Oculus RiftやHTC Vieに比べてということみたいですね。

okyurasusetto

先日発表されたOculus Riftの価格は599ドル・・・日本円だと8万超えとなっていましたし。

htcvie1

HTC Vieに関しては1,500ドル・・・日本円で17万超えになるのではないかと言われています。

PS VRの価格はまだ発表されていませんが、噂ではPS4本体くらいの価格になると言われていますよね・・・。

吉田修平さんも比較的安価というくらいですし、採算取れる価格ではないという噂もありますし、本体くらいの価格での発売は実現するかもしれませんな(・∀・)

因みに、なんで他のVRヘッドセットと比べて安くできるのかというと、長年、家庭用ゲーム機などを開発してきた技術を持っているからみたいです。

どうすれば性能を高めてコストを下げることができるか・・・そのノウハウをソニーさんは持っているのでしょう。


SPONSORED LINK


規格が統一していると開発側の動作テストもやりやすい

そして規格が統一しているということがPS VRのもう一つのメリット・・・。

これはどういう意味かというと、Oculus RiftやHTC Vieは基本的にパソコンありきで動作するVRヘッドセットとなっていますよね?

gamepc

パソコンで動作するため、タイトル開発の自由度は高くなるかもしれませんが・・・逆に言えば、開発するときユーザー目線に立ちにくいというデメリットが有ります。

所持しているパソコンの性能は家によって違いますからね・・・(;^ω^)

じゃあPS VRはというと、基本的にPS4で動作するVRヘッドセットとなっています。

ps444

PS4でしか遊べないという縛りはあるかもしれませんが、これは開発側もユーザー側も同じ土俵で体験できるというメリットでもあるわけですね!

動作テストもPS4でできるとなれば、そのままゴーサインも出しやすくなるというわけです。

なんとなく、同じ規格で揃っている方が作りやすい気はしますね(・∀・)

あとがきっくす

価格は安いに越したことはありませんが、規格に関してはどっちがいいのかは分かりませんけれどもね(;^ω^)

PS VRの場合、PS4タイトルを開発する延長線上でVRに対応という形を取れるかもしれませんが。

Oculus Riftなどに関しては、そのうちフリーゲームとして面白いものが出てくるかもしれませんからね。

まだ発売もされていないのでなんともいえませんが、出揃ったとしてもちょっと様子見したほうがいいのかも。

SPONSORED LINK