レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

最大226インチ!?「PS VR」では、VR未対応PS4タイトルやBlu-rayなども大画面で楽しめる「シネマティックモード」が搭載!

psokuto

「PS VR」の公式情報が発表されたので、バンバンまとめますよー(笑)

さてさて、5万円を切る価格で発表された「PS VR」ですけれども。

5万円切った!!「PS VR」の発売日は10月中、価格が44,980円に決定!基本性能や内容物なども確認しておきましょ!
いやぁ、朝は寝坊するわ、仕事は残業になるわで結局今の時間になっちゃいました(;´∀`) 今朝6時ごろに行われた「PS VR」こと「P...

「別にそこまでしてVR空間で遊びたいとは思わないかな?」って人にとっては無用の長物・・・にならないかもしれません!

ちょっとだけ視点を変えてみてください・・・もし「最大226インチのテレビ」が家でも楽しめるってなったらどうしますか(`・ω・´)!?

「PlayStation VR」公式サイト

「PS VR」では最大226インチでPS4タイトルやBlu-rayなどを楽しめる「シネマティックモード」が搭載

「PS VR」の一番の特徴は、なんといっても”VRを楽しめる”というもの!

ローンチ時にもVR対応タイトルもチラホラ発売されるみたいですので、勿論それを楽しむのはいいと思います(´∀`)

でも、ちょっと疑問に思いませんでしたか?・・・VR未対応のPS4タイトルやBlu-rayってどうなるんだろうと。

ご安心あれ!

ちゃんと「PS VR」でもゲームや動画は楽しめますし、「PS VR」ならではのメリットがありますよ(`・ω・´)


SPONSORED LINK


「PS VR」には

シネマティックモード

というモードが搭載されています。

psvrmoni

このシネマティックモードとは簡単にいえば、

目の前にどデカいスクリーンがある

状態を体験できるモード。

ソニーさんはHMZシリーズという3D HMDを発売していますが、それと同じことが「PS VR」でも楽しめちゃうわけです(´∀`)

しかも、HMZシリーズだと物によっては10万円以上するのに対して、「PS VR」では5万円以下で楽しめちゃうのが凄い・・・。

psvrmonita

「PS VR」のスクリーンサイズは、

S・・・2.5メートル距離で視野角54度で117インチのモニター
M・・・2.5メートル距離で視野角71.5度で163インチのモニター
L・・・2.5メートル距離で視野角90度で226インチのモニター

の3段階用意されており、標準はMとなっているそうです。

最大226インチと、映画館並みの迫力が家でも楽しめちゃうわけですな(・∀・)

ただ、2つほど欠点がありやんして・・・まず解像度が落ちるということ。

やっぱり大画面になる分、PS4をテレビやモニターに直で繋いで遊ぶよりも解像度が落ちるそうです(;^ω^)

まあ、「解像度よりも大画面の迫力を取る!」という人は、気にならないと思います。

もう一つは、記事タイトルなどにも散々書いてある「226インチ」って実はでかすぎるということ(笑)

真正面を向いてゲームをプレイしていると、画面端の映像はぼやける・・・簡単にいえば目に入らないくらいになるそうです。

なのでワザワザ画面端に視点を合わせる必要があり、結構遊びにくいみたいですね(;´∀`)

だから標準は「M」に設定されているみたいです。

とか何とか言っていますけれども、HMDと同じようなことを5万円以下で楽しめるっていうのはやっぱり凄いです!

HMD欲しかったけれども手が出せなかった人は、「PS VR」も検討してみるといいかもね(´∀`)

あとがきっくす

PS2では「DVD再生」という機能を、当時は相当安く実装したことで盛り上がり。

PS3では「Blu-ray再生」という機能を当時は当時は安く実装したことで盛り上がり。

今度はPS VRでVRやHMDの楽しさを相当安く提供する・・・赤字になったり色々ありましたが、やっぱりソニーさんは凄いですな(;^ω^)

SPONSORED LINK