レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

NVIDIAの新型コンソール「SHIELD」が発表!4Kグラフィックの他、Google Assistantにも対応。北米では2017年1月に発売!

ninntenn

さて、来週1月13日に行われるニンテンドースイッチの発表が気になる人も多いと思いますが。

1月13日「ニンテンドースイッチ」発表会の配信サイトが公開!様々な噂の真相がここで明らかになるかな!?
来週1月13日13時よりに行われる「ニンテンドースイッチ」の発表会 ニンテンドースイッチ プレゼンテーション2017 ですが、そ...

何故かそのタイミングで、まさかのこの会社が出しゃばってきました(笑)

それは、ニンテンドースイッチのプロセッサ「Tegra X1」を提供しているNVIDIAさん( ゚д゚ )

SHIELD公式サイト

4K、HDRやGoogle Assistantにも対応する「SHIELD」が北米で2017年1月に発売決定

si0ruydo

この情報が発表された際「えっ、今!?」って思った人も多いと思いますが。

NVIDIAさんが新たなコンソール

SHIELD

を発表しましたな(`・ω・´)

2015年に発表されていた、このコンソール版のSHIELDですが・・・発表された当時よりもスペックが向上。

ヘタしたら、ニンテンドースイッチに搭載されているTegra X1よりも新しいプロセッサを積んで発売されるっぽいです(笑)

まあ、SHIELDはゲーム機というより「ゲームもできるAndroid TVコンソール」という立ち位置なので、ニンテンドースイッチと土俵はちょっと違いますが。

それでも、通常版SHIELDは199.99ドルという、そこそこお求めやすい価格に加えて。

Android向けのアプリやPCゲームも遊べてしまうため、魅力に映る人もいるのかなと思います(´∀`)


SPONSORED LINK


SHIELDのスペックはほぼ英文のコピペになりますが、こんな感じ。

プロセッサ

NVIDIA® Tegra® X1 processor with a 256-core GPU and 3 GB of RAM

映像

4K HDR ready
Up to 4K HDR playback at 60 FPS (H.265/HEVC)
Up to 4K playback at 60 FPS (VP8, VP9, H.264, MPEG1/2)
Up to 1080p playback at 60 FPS (H.263, MJPEG, MPEG4, WMV9/VC1)
Format/Container support: Xvid/ DivX/ASF/AVI/MKV/MOV/M2TS/MPEG-TS/MP4/WEB-M

オーディオ

Dolby Atmos and DTS-X surround sound pass through over HDMI
High-resolution audio playback up to 24-bit/192 kHz over HDMI and USB
High-resolution audio up-sample to 24-bit/192 kHz over USB
Audio support: AAC, AAC+, eAAC+, MP3, WAVE, AMR, OGG Vorbis, FLAC, PCM, WMA, WMA-Pro, WMA-Lossless, DD+/DTS (pass-through), Dolby Atmos and Dolby TrueHD (pass-through), DTS-X and DTS-HD (pass-through)

ストレージ

500 GB (Note: portion of storage occupied by system software).
Expandable with microSD card or USB 3.0 drives (SanDisk Ultra Fit 128GB).
USB 3.0 Flash Drive (SDCZ43-128G-GAM46) recommended

ワイヤレス

802.11ac 2x2 MIMO 2.4 GHz and 5 GHz Wi-Fi
Bluetooth 4.1/BLE
Captive Portal support

インターフェイス

Gigabit Ethernet
HDMI 2.0b with HDCP 2.2 and CEC support
Two USB 3.0 (Type A)
Micro-USB 2.0
MicroSD slot
IR receiver (compatible with Logitech Harmony)

サイズ、重さ

Weight: 23 oz / 654 g
Height: 5.1 in / 130 mm
Width: 8.3 in / 210 mm
Depth: 1.0 in / 25 mm

OS

Android 7.0 (Nougat) powered by Android TV™ and Google Cast™ (Chromecast built-in)

ソフトウェアアップデート

SHIELD software upgrades directly from NVIDIA

電源

40 W power adapter (5-10 W typical consumption)

ゲーム関係

NVIDIA GeForce NOW™ game streaming service
NVIDIA GameStream™
NVIDIA Share

同梱物

SHIELD Controller
- Mic for voice search
- Hands-free voice support
- Headset jack for private listening
- Dual vibration feedback
- IR blaster for TV volume & power control
- 60+ hour gaming battery life
SHIELD Remote
- Mic for voice search

内蔵アプリ

NVIDIA Games
Netflix
Amazon Video
YouTube
Google Play Store
Google Play Movies & TV
Google Play Music
VUDU
PLEX
Photos and Videos

「SHIELD」は、話題の4KとHDRコンテンツに対応するほか、Android TVなどにも対応すると発表されたばかりのGoogle Assistantにも対応。

「Netflixで◯◯を見たい!」とか、「ウォッチドッグス2をプレイしたい!」とか言えば、あとはSHIELDが切り替えてくれます(`・ω・´)

別売りの「Spot」と呼ばれる、マイク付きネットワークアプライアンスをコンセントに指しておけば、SHIELDがない部屋でもGoogle Assistantを利用する事が可能になるみたいです!

supotto

体験してみないとわからない部分は多々あると思いますが、これだけ聞くと色々便利そうですね(笑)

SHIELDの発売日は、北米で2017年1月中になるとのこと・・・ガジェットに興味がある人は検討してみては!?

ただし、今はドル高なので割高になることに気をつけて(;^ω^)

あとがきっくす

因みに、PS4と同じように「SHIELD Pro」と呼ばれるモノも発売。

通常版SHIELDのストレージ容量が16GBに対して、SHIELD Proは500GBと、一気に容量アップ。

更に、メディアサーバー機能が付くため、パソコンやスマホに保存しているコンテンツを、SHIELDで楽しむことができるようになります。

価格は100ドル高くなって299.99ドル・・・通常版PS4と同じくらいの価格ですね(´∀`)

それにしても、今後も大手企業がこういった機種を発売してきそうで、どれを買えばいいのか迷う展開になりそう(笑)