レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

ニンテンドースイッチのスペック・・・メモリはLPDDR4、メモリ帯域幅はPS3と同じ25.6GB/sと判明!マルチ展開は大丈夫かな!?

仕事から帰ってきて、速攻寝てしまったので、ちょっと気になっていた情報を今の時間に更新(;^ω^)

遂に今週末発売される任天堂さんの次世代機「ニンテンドースイッチ」ですが、スペックに関する新たな情報が明らかになりました!

ふーむ・・・性能としては物足りない気がしますが、どうなんだろうね?

ニンテンドースイッチ公式サイト

海外情報サイト

ニンテンドースイッチのメモリチップはサムスンのLPDDR4を使用

海外では、ニンテンドースイッチが違法に出回っているものもあってか、分解して中身を確認している人達もいるようで。

今回、新たにニンテンドースイッチのメモリに関しての情報が明らかになりました。

ニンテンドースイッチに用いられているメモリは、

サムスン製 1600 MHz 4GB LPDDR4

だそうです(`・ω・´)

まあ、今のパソコンやスマホ、タブレットなどで用いられている低電圧メモリと一緒ですね。

そのLPDDR4の2GBがCPUとGPUの2つのモジュールで使われ、4GBとなるようです。

これにより、ニンテンドースイッチのRAM仕様は

CPU:クアッドコアARM Cortex A57
GPU:Nvidia Maxwell、256 CUDAコア
メモリ:1600 MHz 4GB LPDDR4(2GBモジュール×2)
メモリ帯域幅:25.6GB/s
内部ストレージ:32 GBフラッシュ

となるみたいですね。


SPONSORED LINK


ニンテンドースイッチのメモリ帯域幅はPS3と同じ25.6GB/sに

で、ここで気になるのが、メモリ帯域幅25.6GB/sという数値。

メモリ帯域幅とは、よく「データ転送速度」と言われておりまして、ニンテンドースイッチならば1秒間に25.6GBのデータを他所に転送することができます。

このメモリ帯域幅が広ければ広いほど多くの処理ができるのですが・・・実は25.6GB/sという数値、PS3と同じだそうです。

つまり、一世代前のメモリ帯域幅と一緒なのですね(;^ω^)

任天堂さんのWiiUは12.8GB/sでしたので、それと比べると2倍にはなっていますが。

MSさんの現行機XBOXONEは、ニンテンドースイッチの2.6~2.7倍となる68GB/s

ソニーさんの現行機であるPS4に至っては、XBOXONEから更に倍となる176GB/sのメモリ帯域幅となっています。

確かに、携帯機として考えたら、PS3レベルを持ち運びできるので凄いなと思いますけれども。

据置機として考えたら、かなり物足りないスペックな気がしますね・・・(;´Д`)

基本スペックが低いと、今はまだサードパーティのマルチ展開をしてもらえるとしても。

そのうち、ソニーさんやMSさんが更にスペックの高い機種を発売した場合、そっちのほうが思い通りにゲーム開発できる!ってなり。

将来的にはまた、任天堂さんのゲームしか残らなくなる・・・という可能性もあるんですよね:(;゙゚'ω゚'):

個人的には、ゲームの面白さはスペックの高さに比例しないとは思っていますが、遊べるゲームの幅が狭くなってしまうというのは、デメリットな気がします。

現状、ニンテンドースイッチ向けのタイトルが開発されているみたいですが、1年後、2年後はどうなるかな!?

あとがきっくす

そういえば、ニンテンドースイッチの上位機種が発売されるのではないか!?と噂が既に出回っていますな(;^ω^)

ニンテンドー3DSもNewニンテンドー3DSとして発売していましたし・・・流石にこのスペックだと周りに置いていかれそう!となったら、上位機種が発売する可能性もあるかもしれませんね。

今はとりあえず妥当なスペックで、コストを抑えて様子見って感じなのかな??

SPONSORED LINK