レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

ニンテンドースイッチの周辺機器についてのまとめ!PROコンが高いなぁ・・・ホリ製の価格はどんなもんだろう(; ・`д・´)

2017/01/22

ningattai

親戚とソリを楽しんで温泉とか入って今帰ってきましたー・・・たまにはリア充みたいな生活もしたいんです( ゚д゚ )

さて、昨日に引き続き、ニンテンドースイッチに関する情報をまとめたいと思います!

今度は、ニンテンドースイッチの周辺機器についてご紹介。

ニンテンドースイッチ公式サイト

ニンテンドースイッチの周辺機器は全体的に高い・・・

てことで、昨日、ニンテンドースイッチの周辺機器についての情報も明らかになりましたな。

WiiやWiiU時代にも様々な周辺機器が発売されていましたが、今回も公式からこんな周辺機器が発売されます。

ニンテンドースイッチ PROコントローラ

ninntennpro

ボタン配置などはXBOXONEコントローラと同じ。

ワイヤレスに対応し、グリップが革っぽいため滑りにくくなっています。

Joy-Conなどと違って本格的なゲームに特化したコントローラですので、長時間プレイするには便利だと思いますが。

価格が6,980円+税と、どのゲーム機のコントローラよりも、高い値段設定になりました(;・∀・)

これで使い心地がイマイチだったらヤバイ叩かれるだろうなぁ・・・。

発売日は2017年3月3日。

因みに、ホリ製はちょっとチープですが、これでもいいっていう人はこっちのほうが安上がりかもね?

purokonn

Joy-Con充電グリップ

ninntennguri

こちらは、ニンテンドースイッチに備わっている2つのJoy-Conを接続することで、上記のPROコンのような操作が可能になるグリップです。

ただし、こちらはニンテンドースイッチ本体に同梱している通常グリップとは異なり、USBを接続してJoy-Conを充電しながらプレイが可能になっています。

Joy-Conのボタンが小さくて扱いにくいという話が出ているので、合体して使いやすくなるのか分かりませんが。

とりあえず、普通のコントローラのようにゲームを遊びたいと思っている人は、これでも十分かもしれませんね( ゚д゚ )

価格は2,480円+税、発売日は2017年3月3日。

ニンテンドースイッチ キャリングケース

ninntennke

ニンテンドースイッチ本体用のケースですな・・・ついでにゲームソフト5枚と、Joy-Conストラップ2個も収納できるサイズになっているみたいです(`・ω・´)

充電ケーブルなども入るのかは不明・・・携帯時のバッテリー駆動時間は2.5~6.5時間ということですので、ほんのちょっと持ち運んで遊ぶぞ!というときは便利かも?

因みに、ニンテンドースイッチを立てかけることもできるみたいですぜ。

ninntenntate

価格は1,980円+税、発売日は2017年3月3日。


SPONSORED LINK


Joy-Conハンドル2個セット

ninntennhann

Wiiリモコンにもあったハンドルが、Joy-Conにも発売されます(笑)

ただ、こちらは1つではなく、2個セットで1,480円+税で購入可能みたいですね!

なので、購入しておけば早速二人でレースゲームを楽しむことができます(^ω^)

Joy-ConにはHD振動と呼ばれるリアルな振動を体感できる機能がついているので、もしかしたら砂利道を走っている感じや、雪道を走っている感じなどを楽しめるかもしれません!

発売日は2017年4月28日。

Joy-Con

ninntennzyoi

ニンテンドースイッチ本体にも同梱されているJoy-Conですが、単体でも発売されます。

LとR、2つのJoy-Conと、2個のストラップがついて7,480円+税ですので、Wiiリモコンなどと比べたらめっちゃ高くなっちゃいましたが。

色々な機能が備わっちゃったので、仕方ないかもね(;・∀・)

ニンテンドースイッチのJoy-Conは意外と優秀!?モーションIRカメラやHD振動、NFCなどの機能が実装!
さて、続いてはニンテンドースイッチのコントローラ部である「Joy-Con」についての情報を! ゲームプレイには、イマイチ使い勝手...

因みに、ニンテンドースイッチ本体が1台でも、「スーパーボンバーマンR」みたいなパーティゲームでしたら、増設したJoy-Conで多人数プレイも可能です!

みんなが遊びに来るという家だったら、買っておいてもいいかもね。

発売日は2017年3月3日。

Joy-Conストラップ

ninntennsuto

こちらは、Joy-Conストラップの単体販売。

ニンテンドースイッチ本体にも同梱されていますし、上記Joy-Conの単体販売でも付属されていますので。

ストラップのカラーを変えたいとか、ストラップを失くしちゃった!っていう時に買うといいでしょう。

価格は580円+税、発売日は2017年3月3日。

ニンテンドースイッチ ACアダプター

ninntennac

毎度おなじみ、ACアダプター(笑)

ただ、ニンテンドースイッチはUSB-Cっていう、Macを使っていなければあまり馴染みのない端子になっちゃったので、WiiUや3DSのACアダプターは使えなくなりました(;´∀`)

なので、持ち運び用にもう一個欲しいとか、ACアダプターのケーブルが断線した!っていうときに、購入する必要がありますな。

価格は2,980円+税、発売日は2017年3月3日。

ニンテンドースイッチドッグ セット

ninntenndo

最後は、ニンテンドースイッチドッグの単体販売。

こちらもニンテンドースイッチ本体に同梱されていますので、別の部屋用に欲しいとか、壊れたっていう人以外は特に必要ないのかなって感じです。

ニンテンドースイッチドッグの他に、ACアダプターと1.5mのHDMIケーブルが付属して8,980円+税。

結構高いので、同梱されているニンテンドースイッチドッグを壊さないようにしないとですな(笑)

発売日は2017年4月28日。

 

あとがきっくす

相変わらず、任天堂さんは周辺機器の種類と価格がえげつないですね(;´∀`)

といっても、スーファミ時代から周辺機器は高かったので、オレのようなおじさんはあんまりびっくりしなかったり(笑)

今のスマホで遊んできている世代は、めっちゃ高く映るでしょうな。

まあ、ホリ製の周辺機器も開発されているみたいですので、なんぼでも安く済ませたい!って言う人は、他社の周辺機器を狙ったほうがいいでしょう。

ホリ製の周辺機器はどれくらいの価格になるかなぁ・・・(;^ω^)