レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

300万本売れた「ライフ イズ ストレンジ」の続編が開発中とのこと!ただし、E3には参加しないみたいだね。

そういえば、気になっていはいたけれども、まだプレイしてなかったな・・・(;´Д`)

フランスのゲームスタジオDONTNOD Entertainmentが開発した「ライフ イズ ストレンジ」というタイトル。

その「ライフ イズ ストレンジ」が300万本売れたよー!って、お礼のビデオレターを公開したのですが、その中で

続編

の開発について触れたことが話題になっていますよ!

「ライフ イズ ストレンジ」公式サイト

まず「ライフ イズ ストレンジ」ってどんなゲーム?

現在、吸血鬼物語を描く「Vampyr」というゲームを開発中のDONTNOD Entertainmentさんですが。

同スタジオが開発した「ライフ イズ ストレンジ」は、ゲームシステムというより、物語や音楽などの世界観などがかなり評価された作品でしたな。

高校進学のために、アメリカの架空の田舎町「アルカディア・ベイ」に帰ってきた女子学生、マックス。

ある日、

時間を巻き戻せる能力

を手にしてしまったマックスが、その能力を使いながら失踪した友人の謎を追っていく・・・というのが基本的な概要なのですが。

仮に死ぬ運命だった人が、時間を巻き戻されて生き延びたり、その逆になったりするもんだから、その生死の変化に対する責任感をマックスが負って悩む・・・などなど、人間模様がしっかりと描かれているみたいですね。

「ライフ イズ ストレンジ」は特に激しい操作はなく、基本的に時間を戻したり、選択肢によって物語を進めていくゲームですので、ドラマや小説などが好きな人には持って来いなゲームになっています(`・ω・´)

また、ゲームオーバーという概念が存在しないため、これは悪いんじゃないか?と思う選択をし続けたとしても、その流れのエンディングを迎える事ができます。

なので、もしここでこの選択をしたらどうなるんだろう・・・というドキドキ感も味わうことができるのかなと(・∀・)

「ヘビーレイン」や「アンティルドーン」のような感じですね。


SPONSORED LINK


「ライフ イズ ストレンジ」が300万本売れたこと・・・そして続編も開発中であることを発表

さて、そんな「ライフ イズ ストレンジ」ですけれども、全世界で300万本売れたそうですね。

パブリッシャーであるスクエニさんから300万本ヒット記念のお金を貰ったこと、ファンアートやコスプレ写真などなど貰ったことなどが語られていますが。

この動画の中で、サラッと気になる発言が・・・それは、

「ライフ イズ ストレンジ」の続編

を開発していること(`・ω・´)

主人公がマックスになるのか、プラットフォームが何になるのかなどなど、そこら辺の情報はまだ全く出ていませんが。

「ライフ イズ ストレンジ」を楽しめた人は、かなり気になるのではないでしょうか?

ですが、DONTNOD Entertainmentさん残念ながら、来月行われるE3には参加しない模様。

どのタイミングで続報を出してくるのか・・・とりあえず、しばらく待ってみましょう(・∀・)

あとがきっくす

ここまで売れることを予想していたのか、それとも予想外だったのかは開発者のみ知ることですが。

元々続編を作ることは予定にあったのでしょうかね??

オレはまだプレイしていないので、どれほどの世界観なのか分かりませんが・・・前作の評判が高すぎると、続編に期待するハードルが上がったりしますからね(;^ω^)

ガッツリ作り込んで発売してほしいですな!

SPONSORED LINK