レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

徹夜はするな!?FF15の最新情報が続々と明らかに。体験版にはアダマンタイマイとのバトルがあるとのこと!

TGS2014も終わってしまいましたが・・・
何か気になるゲームはありましたか?

個人的にはバイオが一番楽しみなのですが、
FF15もかなりファンが多い作品でしょう。

そんなFF15の最新情報がファミ通.com様や4Gamer.com様が行ったインタビューで
続々と明らかになったので、まとめてご紹介しますね。

公式サイト
ファミ通.com様
4Gamer.com様

FF15 最新情報

田畑端ディレクターのインタビューが行われたみたいで、
かなり細かい部分まで最新情報が明らかにされています。

いかにもゲームですという楽しさというより、
リアルに生活しているという楽しさがあるっぽい!

FF15のコンセプトについて

hosuto

●コンセプトは「仲間」と「旅」。
現実と同じように旅をしている感覚を味わえるように意識。

●ノクトが主人公だけれども、仲間を含めたパーティ全体を「主人公」としてとして意識。
とにかくみんなと旅をしたり、協力して戦闘を行うようにできている。

主人公や仲間について

nokuto

●主人公はノクトで、ノクトのみ操作できる。

●パーティは男キャラしかいない。
パーティはプレイヤーの作戦や指示によって自律的に行動をする

FF15のフィールドについて

ffakusyonn

●一応「オープンワールド」という位置づけだけれども、
スカイリムのように好き勝手進めていいというわけではない。

●どちらかと言うとレッドデッドリデンプションみたいに、
あるポイントに到達することでストーリーが進むという形。

●エンディングを見るためにはポイントポイントを経由してストーリーを進めていく。

●移動は基本的に車。徒歩だとくっそ時間がかかるどころか、目的地に着かないくらい広い。

●車で移動して、車が入れないところは歩くというように現実の動きに近い。

●因みに主人公ノクトは王族のため、車はロイヤルカー。

●天候や時間の概念がある。

kaeru

●時間はゲーム内1日=現実30分ほど。

●天候は雨以外にも検討しており、それがステータスに影響する場合もある。

●ユーザーインターフェースはとにかくシンプル。
3D空間を思う存分楽しめるようにしている。

生活について

syokuzi

●キャンプ生活が基本。街に入ることで美味しい食事ができる。

●この「食事」も重要な要素。

●FF15の世界の中を徹夜で旅を続けると、
睡眠不足になりキャラクターのパフォーマンスが落ちる。

バトルについて

yoke

●バトルはとにかく流れるように進む。

●使う武器や発動する技は予め設定しておくというFF12のバトルシステムに近い。

●その予め設定というのが「武器セット」と言うもの。
カードゲームのデッキのようなイメージでその中から武器を選んだりして戦う。

●武器召喚士であるノクトの特殊能力「瞬間移動」は剣が刺さった場所へワープするもの。
バトル中は条件が限定されているが、その条件が変化することでワープできる場所が増える。

魔法について

faia

●FF15の魔法はリアルに近い。例えば晴れの日モンスターにファイアを使うと、
その周囲も炎上する場合がある。

●周囲が炎上すると敵は熱がって逃げる場合もある。
因みに魔法を放った人自身も影響がある。

敵について

teki

●メインストーリーとは関係ないダンジョンがあり、
そこでは容赦無い難易度の敵が大量にいる場合がある。

●夜になるとその容赦無い敵がダンジョン外にも出てくる。

●敵には「陰と陽」の性格があり、陰の敵はプレイヤーを見つけた瞬間襲ってくる。

●逆に陽の敵は近づいても攻撃はしてこない。

FF15 体験版に関する最新情報

15dd

FF15の体験版が3月19日発売のFF零式HDに付属されますが、
これだけでも結構遊べてしまうボリュームみたいです。

やりこみ要素があるみたいですから、
「体験版なんて~」と侮る無かれ!!

遊べるボリュームについて

●体験版はダスカ地方を舞台だけれども、一応オープンワールドになっている。

●車でドライブしたり、徒歩で散歩したり、バトルを楽しんだりできる。

●ストーリーをプレイするだけなら1時間で終わる。
勿論、車か徒歩かでもプレイ時間は変わる。

●ただしストーリーと関係ないダンジョンを攻略する場合は3~4時間かかるかも。

●体験版でもしっかりと時間や天候の概念がある。

やりこみ要素について

kame

●やりこみ要素としてアダマンタイマイが登場。
今までのアダマンタイマイの大きさが屁みたいなもので、全長数キロにも及ぶ。

●どこの部位を叩いてもダメージは与えられるけれども・・・ゲーム内時間で30日かかる。
ゲーム内時間30日ということは現実時間15時間くらいかかる。

あとがきっくす

ゲームキャラクターも徹夜するとパフォーマンスが落ちるというのは、
結構面白い要素ですよね。

GTAやスカイリムはどんな時間が経っても元気に走っていられますが、
FF15のキャラクターはしっかり休まないと無理みたいです。

にしても、アダマンタイマイ・・・ゲームない時間で30日というのは、
ぶっ通しででプレイしてなのかな?

でもこの「疲れる」という要素があるからぶっ通しで戦えませんよね(;´Д`)

そうなるとも~っと時間がかかるのかもしれません。

ただリアルに近づくということは、それだけのめり込みやすくなるということですから、
今回のFF15はまた違った楽しみ方ができそうです!

 

SPONSORED LINK