レトロゲームたちVS最新ゲームたち

主に最新ゲームやスマホアプリなどについて自由気ままに紹介。たまにレビューや攻略、レトロゲームの紹介などもやっています。

ニンテンドースイッチ「1-2-Switch」の収録ゲームが分かる新たなPV動画が公開!赤ちゃんを寝かしつけるバトルが話題に(笑)

12sui

ニンテンドースイッチのローンチタイトルとして発表されている「1-2-Switch」。

友達が遊びに来たり、彼氏彼女がいたり、家族と遊びたいと思っているならば楽しそうなタイトルですが。

結局どんな収録ゲームがあるの?ということが分かるPV動画が公開されました!

ふむ・・・飽きは早そうだけれども面白そう(笑)

「1-2-Switch」公式サイト

「1-2-Switch」には全28種類のゲームが収録・・・その一部のゲームに関するPV動画が公開

miruku

「1-2-Switch」はJoy-Conを用いたパーティーゲーム・・・しかも基本的に2人が向き合って遊ぶゲームがが全28種類収録されたタイトルとなっています。

なので、仲良くなりたい人がいる!という人は、「1-2-Switch」を口実に家に呼ぶといいでしょう(笑)

「1-2-Switch」が発表された際、Joy-Conに向かってカミカミすると食べ物が食べられたり、Joy-Conをニギニギすると乳搾りできたりすることが紹介されていましたが。

このブログで詳しく紹介していなかったので、ついでにまとめてご紹介(笑)

ガンマン

タイトル通り、Joy-Conを銃に見立てて相手をバーンとするゲーム。

「ファイアー!」の合図とともに、心臓にめがけてJoy-Conのボタンを押すことで、素早い方が勝ちになりますが。

ちゃんと心臓に向けて撃たないと弾が外れるらしいので、しっかり狙いましょう!

ミルク

Joy-Conを牛の乳に見立てて持ち、ちゃんと人差し指→中指→薬指→小指とイヤラシ・・じゃなくて、いい感じに指を動かして乳をしぼります。

HD振動によってマジでミルクが出ている感触も味わえるとのこと・・・癖になるひともいるかもね(笑)

大食いコンテスト

Joy-Conに備わっているモーションIRカメラに向かって口をパクパクさせれば、画面内の食べ物を食べる事ができ。

時間内にどれだけ食べる事ができるのかを競うことができるゲームです。

ただし、モーションIRカメラはJoy-Con(R)にしかついていないので、基本は虚しく1人でパクパクすることになります(;^ω^)

カウントボール

Joy-Conがボールの入っている箱となり、箱に何個のボールが入っているのか当てるゲームとなります。

HD振動による感触がリアルに伝わるらしいので・・・その感触を味わうだけでも楽しそう(笑)

真剣白刃取り

これも名前の通り、1人は刀を振り下ろし、もう1人はその刀を取るため、タイミングよくボタンを押すというゲームになっています。

勿論、刀を振り下ろすタイミングが違えば、取るタイミングもズレるため、そこの駆け引きが結構盛り上がるのかなと思います(´∀`)

ピンポン

向かい合って卓球のようにJoy-Conを降ると、見えない球で卓球ができるというゲーム。

ボタンを押すことで、ロブやスマッシュを使い分けることができるみたいですが・・・どのタイミングで打ち返すんだろう(笑)

金庫破り

Joy-Conが金庫のダイヤルとなり、振動の差を感じ取って金庫を破っていくゲームになっています。

で、先に3つの金庫を破ったほうが勝ち。

それにしても、実際の金庫もダイヤルの動きに差があるのかな!?

コピーダンス

ダンスとは言うものの、実際には1人がとったポーズに合わせて、もう1人が真似してポーズするというゲーム。

真似出来ないポーズができたら勝ち確・・・って、身体が柔らかい人が有利じゃね!?


SPONSORED LINK


魔法使い

魔法を打ち合うゲーム・・・動画の通り、Joy-Conを相手に突き出すと、魔法が相手側に進むみたいですね。

多分、連続で魔法は撃つことができないため、相手が魔法を放ったあとに自分が魔法を放つと良さそう。

どのタイミングで魔法を放てばいいのか、駆け引きが面白いのかもね!

電話番

ガンマンと同じように、電話のベルが鳴ったらJoy-Conを持ち上げて、先に電話に出たほうが勝ちなゲーム。

声を掛けたり、脇を突っついたりして邪魔をするといいかもね(笑)

ソーダ

所謂、ロシアンルーレットのようなゲーム・・・Joy-Conを振ればソーダの炭酸が充満し、ソーダが爆発した人が負け。

シュワシュワ感がHD振動で分かるみたいですから、それを感じ取ってどれくらい振ればいいのかを判断するといいでしょう!

パスは3回までとかルールを決めると面白いかもね(・∀・)

モデルウォーク

Joy-Conを腰に当てて、モデルの様にリズムに合わせて歩くゲーム。

リズムがずれてもダメだし、腰も振らないとダメなのかなと・・・部屋が狭いとできないな(;^ω^)

ライアーダイス

ウソやハッタリが好きな人に持って来いなゲーム(笑)

カップの中に入ったサイコロの出目の大きさを競うわけですが、自分は相手の出目をHD振動で知ることができます・・・勿論、相手には自分の出目が分かっています。

この情報から、相手にサイコロをもう一度振らせるか、自分が振るか、それとも動かさないかを判断させるという駆け引きを楽しむことができるみたいですね。

必勝法はある!?

ジョイコン回し

平らな面にJoy-Conを置いて、そこから揺らさず、傾けずにJoy-Conを回転させていくゲーム。

で、3回中、大きく回転させられた人が勝ち。

動画のように手首だけでもいいでしょうし、ルールを変えて体全体を使ってみてもいいでしょう!

でも、手首痛めなようにね(笑)

ビーチフラッグ

Joy-Conを握って腕を振れば、走っている認識になり。

そんで振動がくれば、フラッグを取ったということになり勝利になるようです。

動画では足もバタバタさせていますが・・・手だけでも認識されるでしょうな(;´∀`)

ひげそり

Joy-Conをシェーバーに見立てて、鏡がない中、頭のなかにイメージした顔全体のヒゲを剃ることができたら勝ちなゲーム。

HD振動によりリアルなジョリジョリ感を体験できるとのこと・・・ヒリヒリしないで誰でもヒゲを剃れます(笑)

赤ちゃん

そして今回新たに公開されたPV動画のなかで、一番話題になっていた新たなゲーム・・・赤ちゃん。

ニンテンドースイッチ本体を赤ちゃんに見立てて抱っこ・・・そしていい感じにあやしてあげることで赤ちゃんが寝付きます。

最後は起こさないようにそーっと寝かし付けた人が勝ち。

勿論、バトルも可能みたいですぜ・・・確かにこの動画だと怖く映るね(;^ω^)

あとがきっくす

なぜか全体的に動画の評判が悪いですが・・・個人的にはこれくらいシンプルな方が、自分たちでルールを決めて楽しめそうですよね。

ある程度の年齢の人は馬鹿馬鹿しいって思うかもしれませんが、子どもだったら本気で楽しんで新たな遊び方も生み出しそう(`・ω・´)

Wiiスポーツとかを本気で楽しめた人は、これ系も十分楽しめるでしょうね。

因みに、オレもこういう系好きだったりします・・・1人ではできませんが(笑)

SPONSORED LINK